BLOG

1週間が過ぎました 変化をつかむ遊び

慣らし保育の初日は長短含めて泣いていた子どもたちも、
週の終わりには「いってらっしゃい」→ からの泣き時間がほんの数分!というところまでになりました。

1歳さんの遊びにけいこ先生が工夫を凝らしてくれたので、集中して遊んでいます。

同じ素材でふんだんに準備しておくのもひとつ。集中度が増します。

中身が透けて見えるので、どれだけ入れたのかわかりやすいですね。

———-

そこから今度は、中の見えない箱へのポットンに挑戦。
つまんで押し込むという指先の使い方が、さっきと違いますね。

———-

ふと目についたすき間にもつめつめ。

詰める素材としては、スポンジのほかにもいろいろな物をそろえています。

1つの遊びで幾通りもの変化をつけながら飽きがこないため、
”落ち着いて座って遊ぶ感覚” が育っています。

関連記事

  1. 子どもと扉 アクセス
PAGE TOP