BLOG

『ほしになったりゅうのきば』

図書館の絵本棚の間をゆっくり歩いていると

はぁっと息を飲むように1歳さんが手にとったのが この絵本です

福音館書店 『ほしになったりゅうのきば』

君島久子 再話  /  赤羽末吉 画

そういう出会いってあるある・・・と思い 借りてきました

龍の絵の表紙  力強くてゴツゴツしていて

私が好きな 『とべ バッタ』 にも似ているような ググーっとした感じ

(ただ コトビラでの読み聞かせには難しい内容)

本棚に入れておいたら 

その1歳さんは何度も手に取っていて

”ああ また選んだなあ・・・” と思って見ていると

目が合うとニッコリし

一緒に読む? とページを開くと まあまあすぐにどこかへ行ってしまう

そんなことが何度が繰り返しあって

ふと 気がついたのは

もしかして 表紙を楽しんでいるのかもしれないなぁ・・・と

何度見ても気になる 気持ちが何か動いていく

そんな絵本の楽しみ方って そういえばそうです

さて

3人で絵本を回し読んだあとのこと

童心社 『はなび ドーン』

カズコ G・ストーン さく

この絵本も変わらず人気です

その文化は今3歳になった子どもがつくり出したので

それなりの歴史があります

ひとりが読みだすと ついつい回し読みが始まる そんな感じです

シュー シュー シュー

パパパーン

キラキラキラキラ

ピカチカ ピカチカ キラキラ キラキラ

関連記事

  1. 子どもと扉 お知らせ
PAGE TOP